スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
五・七・五 の世界で御座います
 マジで、 夜、トイレに起きる・・・↓

SN3J1635_256.jpg
  
 ↑ そして、朝まで呑めなくなった・・・・。









どもどもども

海太郎ですよ・・・。









ai-27.gif











三年前から

大先輩の方子サンに 誘ってもらって



川柳 勉強してるだけど・・・









第一生命 サラリーマン川柳 みたいな 

笑えるような ヤツじゃなくって







ちゃんとしたのを 教えてもらってるの・・・・。









たとえば



我が家では 子供ポケモン ぱぱノケモン







この手の 川柳は

単に 5・7・5の 韻を踏んだ  言葉遊びな訳で・・・

玄人は 川柳と しないのでつ










方子サン 曰く




本来の 川柳と云うのは

上五・中七・下五 → 5・7・5 の中に

人間 そのものを 詠む

それが 川柳なのだという・・・・







お題を 決めて


それに 対して 詠む ・・・・席題句






テーマを決めずに

思いのままに 詠んだり・・・・雑詠句










今日は

仲間に入れてもらってる

川柳会 雑誌「あきあじ」 への  投稿日だった







先生の元へと


作句したものを  送るので R ・・・ この世界では、投句 と呼びます








今月の席題は 3つ












まずは、一つ目

お題 【灯台】





thumb5_256.jpg










長旅の 安着祝う 港の灯




老後は、客船の旅なんか したいじゃないよ

死んだ女房の 遺影なんか 持っちゃったりしてさぁ・・・






sea1.jpg













元暗し 遠くを見る目 ばかり冴え



先々を読むことばかりに集中しがち・・・、己の足元こそ 大切なんです










今回の投句

灯台と言う題を そのまま使わないように 創ってるの・・・










8月には 

私たち日本人が

絶対に 忘れてはならない 記念日が・・・・ございます





記念日に 英霊を待つ 岬の灯
   ・・・これも、 灯台の 大切なお役目










thumb5_256.jpg
1296792971725_256.jpg
1287034571172_256.jpg
13067373560001_256.jpg














では

題目の無い 雑詠句 いきますね



結構、得意なんですわ・・・・








この間  バス旅行で 網走に行ったとき 

峠から 綺麗な 雲海が見えた・・・







1294028929794_256.jpg










雲海を 見渡し誓う 再起動





歳はとらない!  若手相手に ガチで勝負したるでぇ・・・ 












バス旅行 大手を振って 昼間酒



朝の 九時から 缶ビール 呑んでました

ちゃんとしなさい!  日本を復興させなさい! って 言いながら 呑んでました







1233440326601_256_320.jpg









痛風に泣いてそれでも酒を呑み






海太郎 死ねばいいのに・・・ 嫁は 思ってますね


  



12498244540012_256.jpg
1_3_1_256.jpg
8162-1_256.jpg







なに言われても

もう、なんとも 思いません・・・・

















洞爺湖で 独りキャンプしたときに 創った句






1283165420774_256.jpg







満月に 手が届くかと 月見酒


それはそれは、見事なお月様 でした・・・








もう一つ




満月を ゆらり揺らして 洞爺の湯









なぜか

由美かおる を連想・・・





1-21s.jpg








小学生の頃からでしょうか

由美かおる  気になってます











名月を 迎え己の 影と呑み  ・・・李白しております







ところで 先輩の方子サン 7○歳


先日、天の川 のお題で こんな句を 詠みました・・・






逢えばまた 川の深さを 思い出す






男と女  

七夕

天の川 ・・・  深い思いを 読ませます












私も、真似して

渡辺淳一 風に  一句








七夕の 宿帳 そっと妻と 書き









1232544074783_200.jpg







いわんや

夏こそ 風情を愉しみたいもので御座います・・・







〆に・・・









お盆が来るので

早死にした友人に 一句







盆踊り 胡瓜の馬で 友が来る






s_12.jpg










ご家族様も 心待ちにしてることでしょう・・・・










俺も 顔出すからね・・・。







1275613191934_256.jpg







スポンサーサイト
[2011/07/08 19:33] | 未分類 | コメント(0) | page top
<<謝罪・・・。 | ホーム | 痛風・考 ~ Vol.1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。