スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
♪変わった定年者、矢吹三男サン(仮名)
どもどもども

海太郎です ・・・・♪







12447829260001.jpg






最近

朝の散歩が 習慣になっちゃって



ベルトラインの 後ろの贅肉


ここを

まだ 可能性を残した オンナ達の社会では 

諦め肉って言うんですが 

ここが スッキリ とれてきた





雨の日も ゴルフ用のレインスーツ着て 歩く



傘を叩く 雨音に 心が動くようになれば

不良中年も 成熟の域にはいる ・・・





実に 心地よく 聴こえる  雨音

侘び寂びの 境地だ









散歩しながら


人んちの  畑を 観てまわる



定年者や お年寄りと 快く挨拶を交わし


綺麗に咲かせた 作品を褒める







「あんた、コレ 持ってくかい・・?」 ってな感じで

自慢の  名花を 持たせてくれる




なかには  盆栽翁が 待ってたりして

ウンチクを 聞かされる





盆栽といえば

落合先輩、 その後 お元気であろうか ・・・







そんな 花咲か名人の敵

夜の 花泥棒がいるが ・・・




そんな セコイ事しなくても

お花・くだもの、お野菜は

簡単に 手に入る





心から 

感謝の気持ちで持って 褒めてあげると 

分かち合いの心が 生まれるのでつ






↑ 感謝の気持ちって何か・・?






健康と平和と、人生に感謝する気持ち






すなわち、 散歩とは

朝から 教養を問われる 

社会人文学的 運動なのでR (笑)









先日
 
変わった定年者 

矢吹三男サン(仮名)と 仲良しになった



口数は少ないが

親切で いい人だ ・・・




「親切で、いい人」 

最近、日本人が口にしなくなった比喩であることに

自分で気付きつつ

矢吹三男サンの 変態ぶりを 紹介しよう






まずもって 矢吹さんは 人格者でR



自慢話や 知ったかぶりを しないが

短い時間のうちに

奥行きのある 人となりを 感じさせる オッサンで

川のほとりの  サイクリングロード脇に

秘密基地を こしらえた





SN3J0751_320.jpg


基地の骨組みを 作って

ブルーシートで 覆う









SN3J0752_320.jpg



川下から 歩いてゆくと

こんな感じで

秘密基地が 姿を現わすのでR








SN3J0749_320.jpg



強風 吹いたって へっちゃらだい !

合板で 「ツッペ」 も決まってるし









SN3J0750_320.jpg

ちゃんと 窓だって 付いてるんですよ










SN3J0748_320.jpg



矢吹サン が 人格者なのは

桜の木の真下に 基地を構えてるところ ・・・









SN3J0747_320.jpg


しかも


枝ブリ良き 幹から

ブランコを 吊っている




矢吹さサンは

ビリーバンバン世代なのだ・・・











SN3J0746_320.jpg



だれも 乗ることのない 

ブランコが 夕方の風に吹かれ

ほのかに 揺れる




たぶん 腰かけて 見あげると




こんな感じに

たわわな桜が ・・・








「たわわ」

良い響きだ




たわわに育った オッパイは

いつの時代も

世界中の男達を 魅了する





1245665555_320.jpg



・・・・・

全然 関係ない話になりました

「 すみません  m(uu)m 」





くれぐれも 

矢吹三男サンの 名誉の為に

加えておくが



彼は ホームレスではない




秘密基地と

住む為の家は

仕様が まったく 異なるのでして ・・・





ご覧あれ


ホームレスの お家とは こんな感じ ↓



1256603806125_320.jpg



いずれにしても

ブルーシートが  切ないなぁ








中に入ると

昔使っていた

ブリキの

薪ストーブがあった





缶詰の空き缶を  捨てずに

とってあったが


矢吹サン  今度は何を こしらえるんだろうか

ミカンの缶詰が お好きらしく


大きい缶を 集めてるのが解る





しかも


律儀なのか ・・・





各メーカーに及んだ コレクションには

さすがに 人格者といった 

教養の深さを 感じさせる








日暮れる 頃には

古い 外灯が 燈り



すぐそこで 川の流れる 

静寂よろしく

それでいて ザワザワとした 

それはそれは 風情ある空間となる ・・・




1262094176842_320.jpg





小さな声で

鼻唄を 歌いながら

矢吹サンは

インスタントの

梅昆布茶を ご馳走してくれた





曲は

「線路は続くよ ♪」  

であった ・・・





1251222814880_400.jpg



線路は どこまでも 続くのでR 





そして

希望を乗せた汽車は 

今日も 荒野を 走るので R





何処までも どこまでも  続いているので R











線路は続くよ・・・オカリナ ♪







こんな秘密基地は、勘弁だなぁ



1241788838444_320.jpg





ガキの頃

みんな こんな感じの家に  住んでいた 


1252060795660_320.jpg







スポンサーサイト
[2010/05/29 11:33] | 未分類 | コメント(0) | page top
<<早く辞めちきゃ よかったんだよ・・・ | ホーム | 萌え 萌え 海太郎・・・なのだ ♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。